ちょっとした気まぐれで行った風俗でヘルペスを移された!嫁さんにバレる前に治さないとまずい…と焦っている方必見の情報サイトです。ヘルペスの治療に関してわかりやすくまとめました。

口唇ヘルペスは夫から妻へ移るので夫婦で治療

口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウィルスの感染で、一度感染すると体内に潜伏します。感染したとしても症状が出る場合とでない場合があり、いつ感染したか分からない場合も多いです。通常は感染してから約1週間程度の潜伏期間を置いて発症するとも言われます。また一度感染して、体内に潜伏したウィルスは、体調が悪い時やストレスが多いときにまた活発化し、口唇ヘルペスの症状が出ることがあります。
症状としては、口唇ヘルペスの名の通り、唇の周りに出ることがほとんどです。皮膚の赤みやピリピリ感、そして水ぶくれができてきます。この時に注意が必要です。この口唇ヘルペスによってできた水ぶくれの中にはウィルスがたくさん入っているのです。時々、例えば夫に症状が出た後に、妻も同じような症状が出たという人は身近にいませんか。妻とのキスを日常化している夫から感染してしまうケースですね。また妻から子供に感染させてしまうというケースもよくあります。そのために水ぶくれの時期は特に注意が必要ですし、手洗いなどもよく行う必要があります。
通常感染してしまったら、抗ウィルス剤の薬が処方されることが多いです。この薬はウィルスを直接除去する薬ではありませんが、ウィルスの増殖を抑えてくれる薬なので、非常に効果があります。薬の種類は軟膏や内服薬、様々な形があります。もし何度も経験している人は、症状の出始めの前兆であるピリピリ感などでこれからヘルペスが出るということがわかるかもしれません。そのような時は、早めに病院に行き内服を始めることで、症状を軽く抑えることができます。また症状が出てしまってから内服を始めても、ウィルスの増殖を抑え、内服後の症状の悪化に効果があります。