ちょっとした気まぐれで行った風俗でヘルペスを移された!嫁さんにバレる前に治さないとまずい…と焦っている方必見の情報サイトです。ヘルペスの治療に関してわかりやすくまとめました。

ヘルペス治療に用いられるマクロライド系抗生物質

ヘルペスは、主に単純ヘルペス1型~2型、水痘・帯状疱疹ヘルペス、サイトメガロウイルス、EBウイルス、ヒトヘルペスウイルス6~8の8種類があり、 疲労やストレスにより体の抵抗力や免疫力が落ちている時にウイルスの活動が活発となり、口の中や唇、性器などに引き起こされる事の多い皮膚感染症です。
しかし、現代医学でも体内に潜伏するヘルペスウイルスまでは滅菌する事は不可能とされており、ウイルスの増殖抑制や症状の抑制と改善が行われます。その為、再発が多いとされており、早期発見・早期治療が最良とされています。
10人に1人が経験した口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス1型によって引き起こされ、ウイルスに対して免疫ができても再発、再感染を繰り返すのが特徴です。
GH(性器ヘルペス)は、セックスなどでウイルス2型に感染後、4日~10日の潜伏期間をおいて発症します。
水痘や帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症であり、発熱や強い痒みが特徴です。水痘は、ワクチン接種をより予防出来、一度感染すると2度と感染する事は無いとされています。
治療には、主にバラシクロビルやアシクロビルなどのウイルスの増殖を抑制する抗ウイルス薬が処方されています。
症状によっては、痛み止めや抗うつ薬、マクロライド系などの抗生物質なども用いるケースもあります。
マクロライド系抗生物質は、1952年にフィリピンで発見されたエリスロマイシンが最初とされており、テトラサイクリンなどと同様にリボゾームの働きを停止させ、ぶどう球菌やレンサ球菌、クラミジア、マイコプラズマ、梅毒トレポネーマに対して抗菌力を示すとされています。
マクロライド系抗生物質は、副作用が少ない事から小児から老人まで処方されている薬剤であり、特にグラム陰性偏性細胞内寄生性の真正細菌の細胞内寄生菌やマイコプラズマなどの治療に用いられる事の多い抗生物質です。