ちょっとした気まぐれで行った風俗でヘルペスを移された!嫁さんにバレる前に治さないとまずい…と焦っている方必見の情報サイトです。ヘルペスの治療に関してわかりやすくまとめました。

ヘルペスの潜伏期間症状と写真の症状

ヘルペスとはウイルスによる感染症です。感染するウイルスにより症状は違いますが、代表的な口唇ヘルペスは唇に水ぶくれがでます。性器ヘルペスがあります。だれもがヘルペスときくとこわい病気のように感じますが、誰もが感染しているウイルスです。例をあげると水ぼうそう、帯状疱疹もヘルペスウイルスによっておこる感染症です。体のどの場所にも感染し、皮膚に水ぶくれをおこします。写真でみるとわかります。水ぶくれのような発疹ができ次第にたくさんになり、群生したように発生します。
写真で見て分かるようになる前の潜伏期間症状はほとんどの人は気が付きません。ヘルペスウイルスの潜伏期間はまちまちです。口唇ヘルペスの場合は3~7日、性器ヘルペスの場合は2~21日間とだいぶ幅があります。感染から1週間ぐらいで症状が出る人が多いです。元気で遊びまわっていた子どもが突然水ぶくれが出て、水ぼうそうと診断されるケースがほとんどです。痛いかゆい症状がでて次第に回復します。潜伏期間症状がでることなくおさまります。また潜伏期間症状のないまま自然に治るケースもあります。写真でみるとわかります。検査は血液検査と尿検査をします。問診と視認で診断することができない病気である場合が多いので体内の炎症反応を検査します。白血球がふえ、血液検査で感染していることが分かります。尿検査では尿の色が濃くなり、においもつよくなります。これは体内で免疫の力とウイルスがたたかっていることからおこる現象です。初診の時、全身の状態をチェックするためです。潜伏期間症状が血液検査と尿検査によりわかります。外観ではわかりませんが、体内にウイルスを持っている状態です。