ちょっとした気まぐれで行った風俗でヘルペスを移された!嫁さんにバレる前に治さないとまずい…と焦っている方必見の情報サイトです。ヘルペスの治療に関してわかりやすくまとめました。

ヘルペスの潜伏期間とクラビットの使用について

ヘルペスは一般的にも知名度が高く、ウイルスに感染することによって発症する病気です。現在、単純ヘルペスや水痘・帯状疱疹ヘルペスなど8種類のウイルスが人間に感染することが判明しています。日常生活で話題に上ることが多い口唇・性器ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルスが一般的な『ヘルペス』という病名で呼ばれています。単純ヘルペスに感染した場合、潜伏期間を経て発疹や水ぶくれといった症状が現れます。特に初感染の場合には高熱や重い全身症状が出ることもあります。ウイルスは種類によって潜伏期間が異なります。潜伏期間は早ければ2・3日で症状が出てきます。1週間前後で発症するケースが多く個人差がかなりあります。子供の頃に罹ることが多いみずぼうそうもヘルペスの一種で潜伏期間は10日から3週間程度です。発症する前の潜伏期間の段階から他人へ感染させてしまう恐れがあるので集団感染につながりやすいです。潜伏期間を経て発疹が発現しかさぶたに変化するまでが感染の可能性があるため長期にわたり他人との接触を控える必要があります。特に水痘は学校保健安全法の第2類学校感染症と分類されています。
また、一度感染すると、症状が治まった後も神経節に潜むためたびたび再発することがあります。ストレスや疲労が重なって免疫力が低下した時などにウイルスが活発になり再発し、治療が必要となります。治療によく使われる薬はニューキノロン系経口抗菌製剤のクラビットです。クラビットはウイルスが増殖に必要な物質が出るのを阻害し増殖を防ぐことにより病気を抑えていく薬です。クラビットを使うことによりウイルスが完全排除されるということではないため、症状の再発の可能性はあります。